こねこねこねこブログにゃ♪

幸せそうな猫を見てると ちょっと幸せ。

宇宙を一次元落とした2次元で考えたとき。

宇宙全体を情報の糸電話の糸、いろんな糸がいろんな方向から延びてるとして、糸相互の情報の伝達可能性の高い部分が情報密度が高く粒子として観察され。情報伝達上の糸の存在同士の共鳴可能性の高さが粒子。

 

糸同士が情報伝達可能性とすると、振動が共鳴に近い働きであれば互いに糸は寄り添おうと、より並行しようとするだろう、相互作用の力。

情報伝達において地震におけるS波、P波、ラブ波、レイリー波のような振動波もあるんだろうか? レイリー波は情報が逆流するように見えるのかな?

糸同士の共鳴によって糸がくっつき合い、ほぐしようのない並行した糸束になってしまうと束になった部分の長さが三次元の場合のブラックホールの表面積になるのかな?

完全に平行となった部分を通じて外にでた糸から情報は再分離可能なのかな?

重力とは本質、情報の分離困難性なのでは。

 

生命の起源

逆ミセル抽出と生命の起源は関係がありそうな気がする。

逆ミセル生命起源説とかまだ無いのかな?

原始地球の海にメタンハイドレートとかから進化した油とかあるかなぁ?

逆ミセルは外部に有機物をかき集め保護膜を構成、いろんな木の葉や枝を集めた蓑虫みたいに内部の水包を守ったり。
中身の液滴にアミノ酸とかタンパク質なんかの生命材料を取り込み続けて生命のスープを凝縮。
たぶん電気的に膜から影響があるから逆ミセルの固定水から離れた中心部の自由水に材料が勝手に集まるだろうし。
小さいやつはお互いにくっついて中身をまとめたり。濃くなったりすると水分で膨れて、大きくなると形を保てなくなって分裂したり。光に当たって干からびたり、水に触れたりトライ&エラーしてるだけで生命誕生しそう。

水深が膨大な水の中より油膜の極薄い領域で有機物を集める方が反応的に有利ではないか?

中身の反応がミセルの膜を強化していったり、膜が取り込む能力を強化していったり。
そんなこんなで進化してくような考えがした。

宇宙って謎なとこが楽しいよね

インフレーション宇宙 子宇宙 孫宇宙 マルチバース宇宙 膜宇宙

いろんな宇宙イメージあるなぁ。シャボン玉みたいで楽しそう。

シャボン玉の膜みたいな宇宙。2個ぶっついたらどうなるんだろ?

青シャボン玉と赤シャボン玉、
くっついた部分だけ紫シャボンの別の宇宙になるんかなw

赤と青宇宙は紫宇宙からは判らんのかな?ふたつの球であろうとする力とか接触面の拡がる速度とかどう観測されるんだろう?

VRというか立体視というか3DTVというか…

テレビとか、右目と左目用が総て重なる同一画像だとしても、右目と左目の焦点を合わせたときの視差を平面で擬似的に追加すれば立体的に感じられるんじゃ?

視点を合わせたところ以外ボケてるので同一画像でも視点の合わない部分の違いはあまり意味無いはず。


眼鏡付けずにテレビ隣で見てたら、輪郭がダブらないから普通の映像として見られて、視差を増幅加工するような眼鏡を着けると立体感を感じて見えるようなの出来ないのかなぁ?


V字に曲げた透明板を左目\と右目/で透してみれば視差の加工増幅は簡単に可能じゃない?


ピントは画面の総ての部分に合うのに視差による立体感だけが追加されて感じられるはず?

毎日一億本は消費されるであろう割り箸業界にお願い。

皆さんは私が何をお願いしたいか分ります?

資源?違う。上手く割れない?あれは困りますね。 でもそういうことじゃない。じゃあ何かって? 

やっちゃってから後悔しますね、あれです。わかる人はマジわかる、爪楊枝に気か付かず、手に刺すんです、ホントにもう涙目。

コンビニなんて月数回しか利用しない、爪楊枝入り割り箸なんて貰うのはもっとたまに、だからほぼ確実に忘れてる。

ストローの端をポンと叩いて袋を破いて取りだすように同じ感じでしちゃったりなんかして… で、ヒヤッとしたり涙目になりながら後悔の嵐、嵐、嵐。 自分の忘れっぽさを呪うレベル。

そんななんで、まずはコンビニさんだけでも、こういう袋の構造にならないですかね?

誰かの、というか少なくとも私の世界はマジで変わる些細なお願い。

f:id:konekonekoneko:20131025164025j:plain

見難いかな? ちょっと大きい図にリンクさせときます。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/konekonekoneko/20131025/20131025164025_original.jpg

ペットの猫をエアギター的に弾いたら エア三味線になるんじゃなかろーか・・・とひらめいた。

 

ゴロゴロ にゃーにゃー ご機嫌だ。 爪立てながら顔なめてくるよ。 いたいよ。

次世代のブログの目指す方向性とやら・・・。

価値ある情報の蓄積を重視するのが次世代のブログのあり方らしい、

コミュニケーション性の外部化が進んでいるからだそう、

ついったー系のつぶやきに見られる情報価値とはまた別モノとのことだからそう、(リアルタイム性 情報鮮度 情報共有 伝達行為)

そこはいいとして、部外化するならツイッター系・ソーシャル系と組み合わせたときの親和性を限界まで高めないとね。(ソーシャルボタンが既についてる。)

なんかでも、このままじゃつまんない。 Webに公開するという前提の価値を最大限発揮するにはどうしたらいいんだろう?

思いをぶちまけて、反応が返ってくることもある。 その程度が一番なのか…でも、いまのままじゃとってもつまんない。